トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「英雄賞に池田光広さん、文化賞に平成音大・・」・・熊本キワニスクラブ
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「英雄賞に池田光広さん、文化賞に平成音大・・」・・熊本キワニスクラブ

2018年7月18日(水)

 熊本キワニスクラブ(松岡泰輔会長)は7月17日、熊本市中央区のホテルで7月中旬例会を開き、全国大会の役割分担を確認し、日本地区英雄賞に宇城市の池田光広さん、同文化賞に御船学園・平成音楽大学を決定(候補)した。
 例会にはゲストの熊本市の大西一史市長や熊本放送の上野淳社長ら会員48人が出席した。松岡泰輔(会長)が点鐘し、「熊本・全国大会まで、あと1か月半となった。日本地区総会や懇親会・レセプション、エクスカーション、ゴルフ大会の準備は着実と進んでいる。熊本大会は会員のチームワークで全国に誇れる大会にしたい」などと挨拶。中山峰男総務委員長(崇城大学学長)、小山英文メンバーシップ委員長(新産住拓社長)、犬童富士子ドール委員長(犬童内科胃腸科事務長)、尾形聖一国際・交流委員長(九州電力・熊本副支社長)、冨永寿彦おもてなし委員長(アドルーム会長)、永島賢治エクスカーション委員長(熊本中央リース会長)、片桐英夫副会長兼広報委員長(寺原自動車学校社長)らが委員会の活動状況を報告した。このあと、大会スケジュール(9月5,6.7,8日)と役割を確認、9月7日の日本地区年次総会・表彰式で、英雄賞(コネリー賞)に宇城市の池田光広さん(42歳)、文化賞に御船学園・平成音楽大学を決定(候補)した。
 このあと、熊本市の大西一史市長から「熊本地震からの復興と今後の展望」と題する講演を聴いた。

大西市長を囲んで記念撮影(キワニス主要メンバー)
「全国大会の概要が固まった」と挨拶する松岡泰輔
「全国大会の準備は着々」と語る中山峰男総務委員長
「7月誕生日の会員は7人」と語る小山英文委員長
「ドール委員会の活動」を報告する犬童富士子委員長
「交流委員会の活動」を報告する尾形聖一委員長
「協賛広告は24社になった」と語る片桐英夫委員長
「熊本で3回目の夏を迎えた」と語る広渡純子学長