トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「公衆衛生・感染症研究などを支援・・」・・化血研の木下統晴理事長
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「公衆衛生・感染症研究などを支援・・」・・化血研の木下統晴理事長

2018年10月25日(木)

 一般財団法人化学及血清療法研究所(熊本市中央区花畑町)の木下統晴理事長は10月23日、同研究所で「化血研はワクチンや血漿分画製剤、臨床検査業務など主要事業をKMバイオロジクス鰍ノ譲渡したが、引き続き、公衆衛生・感染症研究などへの支援を続けていきたい」と語った。
 化血研は今年7月、明治グループや熊本県・熊本の地場企業グループが設立した「KMバイオロジクス)に人体用・動物用ワクチン事業はじめ血漿分画製剤事業、臨床検査業務などを譲渡し、事務所を花畑町に移転した。
 木下理事長は「化血研は今年創立73年目を迎えた。主要事業はKMバイオロジクスに譲渡したが、化血研の”公衆衛生の進歩を図り、自然科学の発展に寄与する”という基本理念は今も生きている。これからも民間企業では出来ないような血友病の研究や血漿関係の研究など、公益性のある事業を支援する。また、産学官の連携を進め、大学の支援や奨学金の給付などを計画している」。特に奨学金については、「熊本大学と熊本保健科学大学の学生計20人に給付を始めている」と語った。

「感染症研究などを支援する」と語る木下理事長
化血研が事務所を移転した朝日新聞・第一生命ビル
理事長室に掲げられている「感染症研究」などの一覧
かつての化血研本部(現在のKMバイオロジクス本社)