トップ フォトニュース 次期水俣市長選に出馬表明・・・岡利治水俣市議
フォトニュースPhoto News

次期水俣市長選に出馬表明・・・岡利治水俣市議

2017年12月18日(月)

 岡利治水俣市議は12月18日15時頃、水俣市のJNC労働組合水俣支部の会議室で記者会見を開き、来年1月28日告示、2月4日投開票の水俣市長選に出馬する意向を表明した。水俣市長選には現職で再選を目指す西田弘志氏が出馬表明しており、岡氏で2人目。
 岡市議は1958(昭和33)年7月1日生まれ、59歳。菊池市出身。鎮西高校―日本体育大学体育学部卒。81年から拓殖大学紅陵高等学校で教諭などを務め、2002年から県議秘書などを務めた。2006年の水俣市議会議員補欠選挙に立候補するも落選。07年の水俣市議会議員選挙に出馬し初当選、以降3期連続。
 岡氏は、現市政からの転換の必要性に触れながら「市議11年の経験を生かし、現市政の閉塞感を打破したい」と出馬の理由を語った。後援会事務所は水俣市港町のブックオフ水俣店跡地で12月24日に事務所開きを行う予定。12月22日(金)発行の週刊政治レポートで詳報します。(政治経済部・宮崎泰樹)

次期水俣市長選に出馬表明した岡市議
記者会見には岡氏のほか、支援市議の松本和幸氏なども駆け付けた