トップ フォトニュース 市議選は26議席を28人で争う展開か・・・天草市選管
フォトニュースPhoto News

市議選は26議席を28人で争う展開か・・・天草市選管

2018年2月17日(土)

 天草市選挙管理委員会は2月15日、天草市の天草市民センターで3月18日告示、25日投開票の天草市長選と天草市議選(定数26)の立候補予定者説明会を開き、市長選には現職の中村五木氏陣営のみ、市議選には28陣営(現職23、新人5)が参加した。市長選には現職の中村氏以外に出馬の動きも見られず、無投票が濃厚な状況。市議選には現職23人と新人5人の28人が定数26議席を争う展開が予想される。
 市議選では、前市議の楠本千秋氏が県議に鞍替えしたため現職25人で、その内23人が出馬の意向。現職の本田武志氏は引退し後継候補に元市建設部長の五嶋善彦氏を擁立。また現職の松江雅輝氏も引退し元市民生活部長の前田正之氏を後継候補として擁立したため現職2人が不在となる。新人では沢井一冨氏、門口徹氏、公明党から五通俊作氏が挑む。
 平成30年2月9日時点の選挙人名簿登録者数は7万531人(男性3万2561人、女性3万7970人)人。期日前投票は3月19日から24日まで天草市民センターなど10カ所で受け付けられ、3月25日の投開票日は同市民センターなど95カ所で投票できる。
 市議選立候補予定者説明会の出席者一覧と前回2014年の市議選の開票結果は次の通り。(政治経済部・宮崎泰樹)

天草市議選立候補予定者の顔ぶれ
2014年天草市議選開票結果
選管から立候補手続きなどのら説明を受ける立候補予定者
説明会の会場となった天草市民センター