トップ フォトニュース 真夏の選挙戦は2議席に4人が立候補・・・県議熊本市2区補選
フォトニュースPhoto News

真夏の選挙戦は2議席に4人が立候補・・・県議熊本市2区補選

2018年7月14日(土)

 現職県議の死去などに伴う7月22日投開票の県議熊本市2区補選が13日告示され、被選挙数2に対して元職・新人の4人が立候補する真夏の選挙戦が火ぶたを切った。
 荒木章博氏の衆院選出馬、村上寅美氏の死去に伴う同補選には、届け出順に無所属新人の上門志穂氏(39歳)、共産党新人の益田牧子氏(68歳)、自民新人の竹ア和虎氏(44歳)、自民元職の井手順雄氏(58歳)の4人が立候補を届け出。13日の告示日には各陣営が第一声をあげた。
 県議熊本市2区(西区・南区)の平成30年6月1日現在の選挙人名簿登録者数は18万2182(男8万4536、女9万7646)人。(政治経済部・熊谷朋之、宮崎泰樹)

13日告示された県議熊本市2区補選。春日小学校前の掲示板