トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

農水省のJASオーガニック認定を取得・・・・大仁ファーム

 建設業・大仁産業梶i南小国町赤馬場、佐藤あさみ社長)の農事部・大仁ファームはこのほど、農林水産省のJASオーガニック認定を取得した。
 対象となったのは、自社農場で有機栽培している菊芋と、その加工食品「菊芋ちっぷ」。有機農産物とその加工品が同時に同認定を受けるのは全国でも珍しいという。菊芋は、血糖値の上昇を抑える効果などが期待できるといわれる多糖類・イヌリンを含む食材で、10月中旬から2月ごろまでが収穫時期。同社は耕作放棄地の有効利用に向け、2013年に菊芋の栽培を開始。現在は、同町と阿蘇市波野に計1ha(1万u)以上の農場を保有し、昨年は年間約6トンの菊芋を生産した。今回JAS認定を受けた「菊芋ちっぷ」のほか、菊芋茶やパウダー、カプセル商品などの加工品も作っており、南小国町で運営するくじゅう・わいた展望公園内の売店・菊芋本店タワラ屋のほか、道の駅やJA系列の小売店などで販売している。
 俵一幸会長は「南小国・小国地区の新たな特産品を目指し、菊芋の生産と加工品の商品化に力を入れている。耕作放棄地を減らすとともに、生産から販売までを手掛ける6次産業化を推進し、地域の活性化に貢献したい」と話している。
 同社は、1966(昭和41)年4月に創業し、80年1月に法人化。資本金は5千万円。関連に潟_イジン自動車と鞄和技建がある。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年3月30日発行 No.430

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから