トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「火の国ビール 阿蘇」を約10万本無償配布・・・・サントリービール九州熊本工場

 サントリービール葛繽B熊本工場(嘉島町北甘木、橋本猛工場長)は、4月上旬から同工場で限定醸造していた樽生「火の国ビール阿蘇」の中味をリニューアルし、350㎖缶(非売品)を九州エリアのイベント会場などで約10万本を無償配布している。
 同工場の復旧を通して熊本県をはじめ九州エリアを盛り上げることを目的に実施しているもの。リニューアルした「火の国ビール阿蘇」は1996年から九州熊本工場内のレストランで樽生で販売しており、来店客に好評だったという。
 今回のリニューアルでは「アルトタイプ(上面発酵酵母を使用した濃色タイプのビール)の豊潤な味わいとフルーティーな香りに磨きをかけている」という。約10万本無償配布する缶は、「火の国」を連想させる銅色(あかがねいろ)のグラデーションを背景に、表面には阿蘇山を配し、裏面には同工場のイラストとサントリーの想いをデザインしている。アルコール度数は5%。

九州エリアでくまもと応援缶を限定発売

 また同工場は、4月25日、九州エリアで「ザ・プレミアム・モルツ」、「金麦」、「オールフリー」のくまもと応援缶を数量限定で発売した。
 くまもと応援缶の「ザ・プレミアム・モルツ」(350㎖、アルコール度数5・5%)、「金麦」(同、5%)、「オールフリー」(同、0%)の裏面に、九州熊本工場のイラストとサントリーの思いをデザインしている。売り上げ1本につき「ザ・プレミアム・モルツ」は10円、「金麦」、「オールフリー」は5円を熊本城復興のために寄付する。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年4月28日発行 No.431

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから