トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

約15億円かけ本社・ショールームなど建て替え・・・・ネッツトヨタ熊本

 ネッツトヨタ熊本梶i熊本市東区新南部6丁目、井上雄一朗社長)は、熊本地震で被災した本社・ショールーム跡に鉄骨造り2階建て新本社屋を建設している。6月上旬に完成オープンする。このほか甲佐町の鈑金・塗装センター、健軍桜木店なども被災し、建て替え、修復などを行っており、仮設費用などを含めた総額は約15億円。
 新本社ビルは延べ床面積2015u(約610坪)で、旧本社の約1・2倍の広さになる。1階がショールーム、本店営業部、2階が本社事務所、会議室など。2階壁面には軽量、高剛性、高断熱性を備えたポリカーボネート樹脂製の新パネル材「ルメウォール」を採用。1階のショールームガラス面には夜間時、4K映像を投影し、「光の滝」を演出するほか、2階壁面は七色に発光させる。
 井上社長は「震災直後、東バイパス一帯は真っ暗だった。この新本社ビルが東区に住む方々への癒しの光となり、復興のシンボルになれば」と話している。
 同社では、本社ビルが完成次第、8月頃から清水店(同市北区飛田4丁目)の敷地を現在の約2・5倍の2600uに拡張し、新店舗を建設する。同時に生産能力が低下している本社サービス工場のメンテナンス機能の一部を清水店に移管し、処理能力を戻した後に、本社サービス工場を建て替える計画。全体の建て替え、改修工事が終了するのは2018年夏頃の予定。
 同社の4〜12月期決算は、売上高が前年同期比125%(うち新車販売は同134%)、経常利益は同113%で、通期の3月期決算も増収増益を見込んでいる。従業員数は308人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年4月28日発行 No.431

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから