トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新院長に中尾浩一副院長が就任・・・・済生会熊本病院

 済生会熊本病院(熊本市南区近見5丁目)の院長に4月1日付で、中尾浩一副院長が就任した。副島秀久院長は支部熊本県済生会支部長に就いた。院長交代は8年ぶり。
 中尾 浩一院長中尾浩一(なかお・こういち)院長は、1960(昭和35)年7月22日生まれ。56歳。85年熊本大学医学部卒業、92年熊本大学大学院医学研究科卒業、医学博士。85年熊本大学医学部付属病院循環器内科研修医、87年熊本労災病院循環器科医員、92年国立循環器病センター心臓血管内科技官、94年熊本大学保健管理センター助手、95〜97年米国コロラド大学分子細胞発生生物学部門リサーチフェロー、97年済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科医員、2007年同部長、12年副院長就任。
 専門は、心血管インターベンション、循環器集中治療。インターベンション治療は、血管内に風船(バルーン)の付いたカテーテル(2〜3o程度の太さの管)を挿入し、狭くなった部分でバルーンを膨らませて押し拡げ、動脈硬化などで悪くなった血流を改善し、心疾患、脳血管疾患などの発生を防止する治療法。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから