トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

宇土市花園台町の高齢者住宅を増築・・・・みなみ

 介護事業の鰍ンなみ(宇土市花園台町、中島弘美社長)は、同地で運営するサービス付き高齢者向け住宅「みなみ園」を増築している。7月末に完成し、8月1日から入居を始める予定。
 場所は住宅街「花園レイクタウン」敷地内。鉄筋コンクリート造り平屋建て、建築面積1150uの既存建物(29床)に隣接し、木造平屋建て、建築面積355uの別館を建設している。増築部分は全個室で10床を新設する。1部屋あたりの居室面積は18・8uと21・5u。入居条件は60歳以上の要介護認定者。費用は月額8万円から。8月の入居開始までに現在のスタッフ33人に加え、2〜3人を増員するという。
 同社は「既存施設が満室の状態で、新たに入居予約や問い合わせをいただいていたため、増築を決めた。別館は県産材をふんだんに使っており、入居者にぬくもりや安心感を提供できるよう配慮している。スタッフ一同、これまで以上にサービスの充実に努めていきたい」と話している。
 同社は2013(平成25)年設立、翌年6月にみなみ園を開業した。サービス付き高齢者向け住宅のほか、隣接する敷地でデイサービスセンター「げんきハウス」と訪問介護事業所を運営しており、「げんきハウス」は8月の別館オープンに合わせ、35人から40人に利用定員を増員する。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年6月29日発行 No.433

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから