トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

コミュニケーションに加え文法も強化したコース開設・・・・ワシントン外語学院

 ワシントン外語学院(熊本市中央区上通町、立山由生代表)は、小学5年生から中学1年生を対象に、これまでのコミュニケーションに加え文法も強化した新コースを開講した。
 新コースの名称は「グローバルジュニアクラス」。2年間で中学校3年間の英語を学ぶクラスで、文法を実際のコミュニケーションの場で使えるような内容になっている。受講後は英検3級レベルの英語力を身に付けることができるという。受講料は月9720円(別途テキスト代)。また、同学院は9月に現・中学生を対象に2020年の大学入試改革を見据え、対応したコース「グローバルジュニアハイスクール」も新たに開講する予定で、初級、中級、上級のレベルごとに米国で使われている教科書や英字新聞などを使い、英語の4技能(聞く、読む、話す、書く)の力を伸ばし、英検2級から準1級レベルの力を付けることをねらう。
 立山代表は「2020年の大学入試改革に伴い、英語に関する試験方法が大幅に変わると見込まれる。英語で考え、英語で発信できる力が一層重要になるだろう」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年7月28日発行 No.434

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから