トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2億2千万円かけ山鹿市に青汁製品製造工場・・・・九州薬品工業

 青汁製品など健康食品の製造販売を手掛ける九州薬品工業梶i佐賀県鳥栖市、右近保社長)は山鹿市鹿本町津袋に青汁製品製造の新工場建設を計画している。7月24日に、熊本県庁で山鹿市と立地協定を結んだ。8月に着工し、稼働開始は10月。投資金額は2億2千万円。
 場所は山鹿植木広域行政事務組合消防本部東分署西側。敷地面積は1万3171uで、新工場は鉄骨造り平屋建て、フロア面積は1479u。県内の農業法人などから調達した大麦若葉やケールなど青汁の原料を乾燥させ、チップ状に加工する設備を導入する。昨年、原料を栽培する同市の農業法人に出資しており、原材料の確保から商品製造まで一貫した体制構築を図る予定。1カ月の生産能力はチップ15トン。新たに10人を雇用する。
 協定式で右近社長は「青汁は毎年5%から7%ほど需要が伸びており、抹茶の風味が評判なこともあって、外国人旅行者のお土産としても人気。これまで青汁の原料は外部調達していたが、自社でも確保が可能となることで、製品の品質安定化工場を図ることができる」と話している。
 同社は1950年3月設立。資本金は4520万円。2017年5月期の売上高は17億5千万円。健康関連食品製造販売などの叶V日配薬品(山口県、同社長)のグループ会社。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年9月29日発行 No.436

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから