トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

横浜市でシェアハウス事業拡大・・・・Hidamari

 熊本県内や東京都などでコミュニティ重視型シェアハウス運営や管理事業を展開するHidamari梶i熊本市中央区下通、林田直大社長)は9月14日、テレマーケティング業務の潟Iフィスジャパン(東京都目黒区、小林武広社長)が神奈川県横浜市西区で運営している女性専用シェアハウス「横浜ドットテラス」の運営委託を受け、自社のシェアハウスブランド「ひだまり」へリブランディングした。
 場所は相模鉄道本線天王町駅北側のファミリー向けの分譲マンションの1 階部分。全1 5 部屋で、1部屋の居室面積は約9・9u。その他、リビングは16・5u、キッチン19・8u、浴室、トイレ3個を設けている。賃料はドミトリーが月額1万9千円、個室が同4万9千円。水・光熱費、ネット利用料は同7千円。
 林田社長は「本当に良い家というのは、人がいつも訪ねてきてくれる家だと感じている。現在、シェアハウスの住人同士が交流する機会も増えており、今後もシェアハウス事業を通じて、このようなコミュニティが増加していくような場所を目指していきたい」と話している。
 Hidamariは2012年2月設立。同年6月からコミュニティ重視型のシェアハウス事業を始め、15年9月には東京都に進出。シェアハウスは県内で5棟、東京都、鎌倉市でそれぞれ7棟の全20棟、144戸を展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年11月30日発行 No.438

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから