トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

小国町のSDGs活動や観光施策をICTで支援・・・・アステリア

 企業向けソフトウエア開発・販売などを手掛けるアステリア梶i東京都品川区、平野洋一郎社長、東証1部)は、小国町が進めるSDGs関連の取り組みや観光施策を自社のICT製品を活用して支援する。
 「小国町SDGs未来都市計画」に掲げる地熱エネルギー活用や森林保全政策などを対象に、同社のAI、IoTなどに関する知見やノウハウを使いSDGs活動を推進する。また、新紙幣に肖像が採用されることが決まった同町出身の北里柴三郎博士に関連して増加が予想される観光客の受け入れ体制整備で、同社アプリ「Platio」「Handbook」などを活用して観光情報共有基盤を作成、受け入れ体制の強化を支援する。
 同社は2015年度から同町と協定を結び、ブランド木材「小国杉」の森林保全活動や間伐材利用促進、林業再生活動への寄付を実施。一連の地域再生計画は17年度に内閣府の「企業版ふるさと納税対象事業」に認定されている。アステリアの平野洋一郎社長は宇城市(旧三角町)出身。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月1日発行 No.460

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから