トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

中央大・早稲田大と法曹養成連携協定を締結・・・・熊本大学

 熊本大学(熊本市中央区黒髪、原田信志学長)は12月26日、2020年度に法曹コースを新設する同大法学部と中央大と早稲田大の法科大学院との法曹養成連携協定を締結した。
 法曹コース設置は国の法曹養成教育の改革に沿うもので、学部を3年で早期卒業した学生を協定を結ぶ法科大学院が特別選抜枠を設けて受け入れることで、学部入学から最短5年で司法試験を受験できる。協定に基づき、同コースは法科大学院と連動した教育課程を組み、講師の派遣などでも協力を目指す。26日同大くすの木会館で調印式があり、鈴木桂樹法学部長と小林明彦中央大大学院法務研究科長、松村和コ早稲田大大学院法務研究科長が出席した。熊本大は神戸大と九州大の法科大学院とも19年度内に同様の協定を結ぶことにしている。同大は今年3月に法科大学院を廃止し、法曹コース設置を進めてきた。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年1月30日発行 No.464

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから