トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新市街にクレーンゲーム専門店・・・・東京都のタイトー

 アミューズメント施設企画・運営などを主軸事業とする潟^イトー(東京都新宿区、山田哲社長)は4月1日、熊本市中央区新市街にクレーンゲーム専門店をオープンした。
 場所は通称下通アーケード内、ドラッグストア・マツモトキヨシ道向かいのいけおビル1階。フロア面積は約100u。店内にはクレーンゲーム機を合計30台設置した。景品は人気キャラクターのぬいぐるみやアニメのフィギュア、ユニークなパッケージのお菓子など。遊技料金は100円から。営業時間は午前10時〜午後11時までを予定。店名は「タイトーステーション熊本下通店」。スタッフ2〜3人が常駐する。クレーンゲームを専門とした店舗は熊本で初という。
 同社は「下通アーケードはショッピングやグルメに加え、エンタメ・アミューズメントの中心地としても盛り上がりを見せている。また老若男女さまざまなお客さまがいらっしゃるエリアで、当社が目指す、地域密着・3世代で楽しめるというアミューズメント施設の方向性に合致する場所であったため出店を決めた。買い物帰りや、通勤通学の際に家族や友人と気軽にお立ち寄りいただける店舗にしたい」と話している。
 同社は昨年9月にクレーンゲーム専門店を東京の秋葉原に初オープン。以降、駅ビルや駅直結など立地にこだわった同種の店舗展開を行っている。また現在、県内ではゆめタウン光の森店内と、ゆめタウン八代店内にアミューズメント施設などを展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから