トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

世安町に企業主導型保育施設を建設中・・・・肥後タクシー

 肥後交通グループ(熊本市中央区世安町、野々口弘基代表)の肥後タクシー求i同地、同社長)は、同地に企業主導型保育施設を建設している。7月に着工しており、来年2月末完成、4月に開園する予定。
 内閣府が認定する企業主導型保育施設(認可外保育施設)で、同グループの企業内保育所として、また周辺提携企業・地域枠保育所として機能させる。場所は、同グループの営業本部がある同地の敷地内南側。保育施設の敷地面積は538u、木造平屋建て、建築面積184u、床面積は181u。フロアは、0歳児乳児エリア(23u)と1歳児エリア(25u)、2〜5歳児保育室(2室、22uと23u)、園長室・医務室(14u)、調理室(16u)など。施設内の段差をなくすなど、ユニバーサルデザインと外断熱工法を採用することで年間を通じて室内環境が一定に保たれる優れた保育環境を提供するという。総事業費は8474万円。
 施設名や保育料金、保育士などのスタッフ数は未定。入園対象は0歳児から未就学児までで、定員数は約30人。開園時間は月曜から土曜の午前7時。閉園時間は検討中だが、午後6時か同7時までにする予定。日曜・祝日と年末年始は休園する。保育施設の専用駐車場収容台数は約3台。必要に応じて同グループの敷地内スペースも駐車場として使用できる。保育サービス事業を全国展開している潟Aイグラン(広島市中区光南2丁目、橋本雅文社長)が運営する。
 今村英敏統括本部長は「働く意欲がある女性などを支援するために、企業内保育施設を設けることにした。新たな雇用を創出しタクシードライバーの若返りを図るとともに、気配りや作業の効率化など女性が持つマルチタスクを有効活用し、顧客サービスの向上につなげたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから