トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

IT企業3社で防災など課題解決図るグループ発足・・・・MARUKUなど

 県内に立地しているIT企業の鰍lARUKU(山都町、小山光由樹社長)と鰍vEBTATE(東京都、南天貴社長)、FunTech梶i東京都、太田義孝社長)の3社は防災対策や観光、IT人材育成などの課題解決を図るグループ「HALO(ハロ)」を発足。8月27日、Web会議サービス「Zoom」で蒲島郁夫熊本県知事に発足と事業概要を説明した。
 新型コロナウイルス感染拡大防止や令和2年7月豪雨からの復興を目指すために発足したもの。今後自治体内の防災無線デジタル化や、被災地の写真をリアルタイムで地図上に表示する仕組み作り、物産品のネット販売などを行っていく予定。
 小山社長は「各自治体と連携しつつはじめは企業の連合体としてスタートし、将来的には法人化することも視野にある。県南地域から活動を広げ、県央、県北にも進出していきたい。現在は県外から観光客を呼び込むのは難しいので、県内客をメインとした取り組みを進めたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから