トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「ひぎんSGDs私募債」を2億円発行・・・・興農園

 種苗、農業用資材販売の葛サ農園(熊本市中央区上通町、田中穂積社長)は8月11日、肥後銀行を引受先に「ひぎんSDGs私募債」を発行した。発行額は計2億円。1億円が期間3年、1億円が期間5年。
 調達資金は、新規プロジェクト推進や運転資金に充てる。同社では、20色以上の色とりどりのミニトマトを洒落たパッケージに納めて全国に販売、熊本トマトのブランディングと高付加価値農業のビジネスモデル構築を目指す「農業はアートプロジェクト」や、電子機器メーカーと共同開発した低コストながら環境制御機能の高い農業ハウスを提案する「増収増益プロジェクト」を進めている。
 「ひぎんSDGs私募債」は、発行元が指定する団体や学校などに発行額の0・2%相当額を肥後銀行が寄付する。今回は7月に豪雨被害を受けたJAくま、JAあしきたに各20万円を寄付する。
 興農園は1948(昭和23)年の創業。沖縄を含む九州を主要商圏に売上高は約60億円。オーダーメイドでの顧客対応が可能な農業用フィルム加工工場は業界屈指の規模。地域の子どもたちが土づくりから収穫までを体験する「食育推進プロジェクト」に協力するなど子供の食育にも力を入れている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年11月30日発行 No.474

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから