トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

社長に出井健太郎専務が就任・・・・雄健工業

 自走式立体駐車場の専門メーカー・雄健工業梶i長洲町名石浜)の社長に、9月1日付で出井健太郎代表取締役専務が就任した。14年ぶりの社長交代。
 出井健太郎(でい・けんたろう)社長は荒尾市出身。1975(昭和50)年7月4日生まれ、45歳。青雲高校―慶応義塾大学総合政策学部卒。経営コンサルタント企業やITベンチャー企業勤務を経て2002年同社入社。19年6月から代表取締役専務を務めてきた。趣味は読書、旅行。創業者の出井次雄会長の長男。
 出井社長は「社員教育に努め、品質の向上ならびにお客さまにさらに信頼していただける会社づくりを推進する。将来的な目標である売上高150億円に向けて、まずは今期、着実に100億円を達成したい」と抱負を述べた。
 同社は1977年設立。自走式立体駐車場の設計・製作・施工・販売まで一貫して手掛ける。札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、福岡、沖縄に支店・営業所を構え、11月には新規に広島営業所を開設する。2019年8月期の売上高は93億円。従業員数は78人。関連会社にYK熊本梶A鰍xKP建築設計コンサルタント、YKメンテナンス鰍ェある。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年11月30日発行 No.474

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから