トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

134億円投じた物流センター稼働・・・・ヤマエ久野

 食品卸のヤマエ久野梶i福岡市博多区博多駅東2丁目、大森礼仁社長)は熊本市東区戸島町に物流センターを建設した。投資額は134億円。10月から一部運用を開始し、そのほかの施設も順次稼働する。
 場所は国道443号沿い、潟帥Zキ九州本社西側。敷地面積は約14万uで、鉄骨造り一部2階建ての建物を3棟建設。延べ床面積は7万3千uで、同社最大規模の拠点。同社が県内に展開している関連会社5拠点を集約し、南九州方面のスーパーやコンビニなど向けの配送拠点として利用する。取扱品目は加工食品や日配品、酒類、飼料畜産など。工場内には無人搬送機(AGV)、自動倉庫、マルチピッキングカート、垂直搬送機(パーチレーター)、電子棚札、移動ラック式ピッキングシステムといったAI・自動化設備などの先端技術を活用し効率化や省人化を図っている。取り扱い額は年間1200億円を見込む。雇用は地元を中心に正社員含む450人を新規採用し、同拠点の総従業員数は780人になる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年12月28日発行 No.475

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから