トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

美里町畝野のキャンプ場をリニューアル・・・・岩田建設

 土木建設業の岩田建設梶i美里町遠野、岩田龍裕社長)は4月1日から美里町畝野のキャンプ場「美里ガーデンプレイス・家族村」の管理運営業務を開始し、「美里の森キャンプ場 ガーデンプレイス」としてリニューアルオープンした。指定管理期間は2025年3月末までの4年間。
 場所は県道上色見草部線沿いの野外アスレチック施設「フォレストアドベンチャー・美里」西側。敷地面積は3万3530u。ロッジ・バンガロー(4人〜10人用)を計20棟、オートキャンプ場(20区画)、自由にテントを張れるフリーサイト(12区画)を備えている。
 同社では管理運営業務の開始に合わせて、ロゴイメージやホームページなどを一新しインターネットでの予約に対応するほか、カード決済やQRコード決済を導入した。また50人収容のミーティングルームを使った企業向けのアウトドア研修プランなども企画。新たなキャンプ場用地の開設も予定している。利用料金はバンガロー(4人用)が3,300円から(管理費は1人330円別途)で、ロッジ(6人〜10人用)は日帰り利用にも対応。オートサイトは宿泊利用で3,300円、日帰り利用で1,100円。電話での予約受付時間は午前8時半〜午後5時まで、定休日は毎週水曜日(祝日・長期休みは開園)。
 岩田社長は「地域への社会貢献を目的に指定管理業務を始めた。当社の企業理念である『自然と人との共生』を実現し、地域の活性化による社会貢献にも大きく寄与していきたい。地域を盛り上げるべく、今まで以上に美里町に足を運んでもらえるように社員一丸となってチャレンジしていきたい」と話している。
 同社は1972(昭和47)年5月に設立。資本金は9千万円。従業員数は33人。美里町の本社のほか、熊本市中央区南熊本1丁目に熊本営業所、宮城県石巻市に東北支社を開設している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年6月30日発行 No.481

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから