トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「フラット35」地域連携型対象の政策分野を拡大・・・・住宅金融支援機構

 独立行政法人住宅金融支援機構(東京都文京区後楽1丁目、毛利信二理事長)は10月1日から、全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」地域連携型の対象となる政策分野を拡大し、地域産木材の使用や街なみ景観形成の取り組みに対する補助事業をスタートした。
 「フラット35」地域連携型は、子育て支援や地域活性化のために地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などとセットで、「フラット35」の借入金利を一定期間引き下げる制度。金利引き下げ期間は当初5年間が借入金利から年0・25%、「フラット35」Sとの併用であれば当初5年間年0・5%金利が引き下げられる。
 「フラット35」地域連携型は、これまで子育て支援、UIJターンによる移住、コンパクトシティ形成、空き家対策、防災対策など5つの政策分野を対象としていたが、10月から新たに地域木材使用と景観形成の2つを追加し計7分野に拡大した。地域木材使用は、地域産木材の利用促進や住宅需要の喚起のため、地域木材を使用した住宅の取得を支援するもの。景観形成は、良好な都市景観の保全や魅力あるまちづくりのため、街なみ景観の形成、維持に資する住宅の取得を支援する補助事業を対象とする。
 同機構九州支店の佐藤孝行支店長は「政策分野も7分野に拡大したので、地域連携型の普及促進を通じて、地方公共団体の住宅政策上の課題解決の支援にさらに取り組んでいく」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年3月2日発行 No.489

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから