トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

就職決定率は100%
 県立技術短大 前年比2・3ポイント増

県立技術短期大学校(菊池郡菊陽町原水、岩井善太校長)の今年3月卒業者の就職決定率は100%で、前年を2・3ポイント上回った。
卒業者128人のうち就職希望者は117人で、全員の就職が決定した。決定先を業種別にみると、製造が65人、情報37人、その他15人。地域別には県内企業が全体の69%を占める81人。県外企業が36人だった。求人件数は16社減の162社・194人(32人減)。そのうち県内は85社・105人で、前年と比べ11社・17人減少した。同短大は精密機械、機械制御、電子情報、情報通信、情報映像の5学科があり、1学年の定員は110人。同短大は「雇用情勢の悪化に歯止めがかからず、厳しい就職戦線となったが、教職員がきめ細かに、粘り強く就職指導した成果が表れたのではないかと思う。全体的に求人が冷え込み、中でも県内の情報・通信分野が厳しかった」(脇坂幸樹・教務学生課長)と話している。
主な決定先は、KIS、オムロンリレーアンドデバイス、くまさんメディクス、熊本計算センター、櫻井精技、白鷺電気工業、東京エレクトロン九州、中央電子工業、不二ライトメタル、マルキン食品梶A三井ハイテック、三菱電機熊本、南星電機、ヤマハ熊本プロダクツなど。 (佐藤元)
週刊経済:2011年5月10日発行 No.1621

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから