KIS 川上専務は関連会社社長専任に" /> KIS 川上専務は関連会社社長専任に / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

専務に野田正昭顧問が就任
 KIS 川上専務は関連会社社長専任に

熊本市幸田1丁目のソリューション開発・KIS(戝部憲男社長)は、6月13日の株主総会後の役員会で、専務に野田正昭顧問、非常勤取締役に千葉光驍mECセミコンダクターズ九州・山口且キ行役員の就任を決めた。川上保之専務取締役は退任し、代表取締役を兼務していた関連会社KISドットアイ鰍フ専任の代表取締役社長となった。
野田正昭専務は大分市出身。1952年(昭和27年)2月9日生まれの56歳。福岡大学工学部電子工学科卒。74年日本電気鞄社。97年第二C&Cシステム事業本部 通信業システム事業部第一システム部長、02年NECソリューションズ第一システム事業本部通信業システム開発事業部統括マネージャー、07年官庁・公共・金融・ソリューションBU OMCS事業本部支配人。08年4月同社顧問に就任。現在に至る。
千葉光髞常勤取締役は80年日本電気鞄社。2000年企画室海外戦略部長、08年NECセミコンダクターズ九州・山口且キ行役員、現在に至る。

08年3月期は増収増益に

同社の08年3月期決算は、売上高48億6800万円(前期比9・2%増)、経常利益2億2200万円(同2・3%増)の増収増益となった。
ハード機器、ソフトウエアのソリューションなどの販売や収益率の高いソフト・システム開発の受注が増加し、収益性を改善できたことが要因と同社では話している。 (川端)
週刊経済:2008年6月24日発行 No.1480

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから