トップ フォトニュース 1月18日に元田永孚の顕彰祭・・・肥後の偉人顕彰会
フォトニュースPhoto News

1月18日に元田永孚の顕彰祭・・・肥後の偉人顕彰会

2020年1月11日(土)

 「肥後の偉人顕彰会」(外口栄一会長)は1月18日、熊本市中央区の護国神社で明治天皇の侍講を務めた儒学者の元田永孚の顕彰祭を開く。明治天皇の侍講を20年間務め、教育勅語の起草に力を尽くした元田永孚の没後129年となることから同団体が企画した。
 同団体は、県出身の偉人の功績を顕彰し、後世にその功績や志を引き継ぐことで、地域社会の発展に寄与することを目的として2018年に設立。偉人の功績を讃える慰霊祭や講演会などを開催するほか、勉強会などの活動を行う。
 顕彰祭は11時開会、午後1時半終了予定。参加者による漢詩奉納や教育勅語の奉唱のほか、会員が元田永孚の誕生地碑、旧宅碑の現状報告を行う。会費は2000円(弁当込)。参加者は1月15日までに事前申し込みが必要。申込先は同会事務局090-3675-8127(永田さんまで)。
 同会の外口会長は「元田先生の生き方を学び、会員自身の成長を通じて、日本の発展に貢献できる人材となることを目指したい。ぜひ多くの方々に知っていただきたい」と参加を呼び掛けている。(政治経済部・宮崎泰樹)

護国神社に建立されている元田永孚の碑
顕彰祭のチラシ