トップ フォトニュース 県社会福祉協議会に車イス5台を贈呈・・・ 住友生命保険熊本支社など
フォトニュースPhoto News

県社会福祉協議会に車イス5台を贈呈・・・ 住友生命保険熊本支社など

2020年11月18日(水)

 住友生命保険(相)熊本支社(熊本市中央区花畑町、椿原正紹支社長)と住友生命労働組合熊本支部(同、池田征司委員長)は10月28日、(社福)熊本県社会福祉協議会(同区南千反畑町、良永彌太郎会長)に車イス5台を贈呈した。
 社会福祉事業の一環として実施したもので、今年で21回目。今回は熊本支社が2台、熊本支部が3台を贈った。当日は椿原支社長と池田委員長で同協議会を訪れ、贈呈式を開催。式の席上で、椿原支社長が「高齢者や身体障がい者の社会参加を目的に、この取り組みを20年間続けている。今回贈呈させていただいた車イスをさまざまな機会で役立ててほしい」、続いて池田委員長が「今年度も地域貢献したいという気持ちを、車イスの贈呈という形でお届けできてうれしい。これからも長く続けていきたい」とあいさつした。その後は江口俊治同協議会事務局長が「本年を含めて134台の車イスを寄贈いただいている。この度の県南豪雨災害における被災者への貸し出しにも活用させていただきたい」と謝辞を述べた。
熊本支社が贈呈した2台は、人吉市・嘉島町社会福祉協議会に、熊本支部が贈呈した3台は上天草市・菊陽町・西原村社会福祉協議会に県社会福祉協議会を通じてそれぞれ贈呈される。(栗原)

左から椿原正紹支社長、江口俊治事務局長、池田征司委員長
謝辞を述べる江口事務局長と贈呈した車イス