トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

学科教習競技の全国大会で最優秀賞を受賞・・・・中央自動車学校の福田さん

 中央自動車学校(熊本市中央区坪井6丁目、松任登社長)の教習指導員・福田剛志さん(37歳)は10月17日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開かれた第9回全国指定自動車教習所学科教習競技大会で最優秀賞を受賞した。同賞受賞は、九州の指定自動車教習所では初めて。
 同大会は、(一社)全日本指定自動車教習所協会連合会(東京都千代田区九段南2丁目、田中節夫会長)が主催。教習所における学科教習の充実や教習指導員の教習力向上などを目的に、2009年から開催されている。当日は、第一種免許に係る学科教習標準学科の第1段階と第2段階を対象に、全国の地区代表者がそれぞれ10人ずつエントリーし、福田さんは第2段階の競技に出場。高齢者による交通事故が増加傾向にある現状を踏まえ、独自に作成した資料や教材を使いながら、運転能力低下に起因する交通事故の現状や未然防止策などについて教習を行った。競技では、教習内容の信頼感や表現力、創意工夫などを審査基準に採点。15分の競技時間内で教習力を競った。
 福田剛志(たけし)さんは熊本市北区植木町出身、1980(昭和55)年11月28日生まれ。宮城県の石巻専修大学経済学部卒。趣味は温泉巡り。
 同氏は「全国大会で自らの教習を評価していただき大変うれしく思っている。今後も、安全運転者育成のために、シンプルで分かりやすい学科教習の実施を心掛けていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年12月28日発行 No.439

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから