トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

安全衛生委員会と協力会を発足
 スペースエージェンシー 7月1日から

商業空間および住宅設計・施工の潟Xペースエージェンシー(熊本市坪井6丁目、益田健至社長)は7月1日、安全衛生委員会を発足する。
同社が受注した商業空間や住宅などを施工する際、工事に関連する業者間での安全衛生面やコンプライアンス面での意識統一を図ることで、施工品質や顧客満足度の向上を図るために準備していたもの。同社発注工事に参加するには委員会への入会が必須で、同委員会で取り決めた安全衛生や品質、環境面のルールの下で工事を行うことを要求する。発足当初は30社程度が参加する見込み。
また、同日付けで住宅事業「アラセンハウス」工事に関わる協力会社らで組織する協力会「AC(アラセンハウス・クラフトマン)会」を発足、森田一郎森田工建(嘉島町)代表が会長に就く予定。
益田社長は「協力会社の皆さまと一致団結して成長していくために業務の標準化を図り、今まで以上に緊密な関係を築いていきたい」と話している。 (宮ア)
週刊経済:2010年6月8日発行 No.1576

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから