トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

上通本店の補聴器コーナーを移設
 メガネの大宝堂 設備拡充でサービス向上狙う

潟<Kネの大宝堂(熊本市中央区上通町、布田昭社長)は、同地の上通本店2階にある補聴器コーナーを4階へ移設し、10月12日にリニューアルオープンした。
同コーナーが手狭になったため、「補聴器フロア」に名称を変更し4階へ移設したもの。設備を拡充しサービス向上を狙う。フロア面積は60uで最新の設備を導入した聴力測定室2部屋とカウンセリングルーム4部屋を新設。また、公益財団法人テクノエイド協会(東京都)が実施する試験の合格者に付与される認定補聴器技能者3人が常駐する。初年度の年商は対前年比20%増を見込む。
同社は「数万円から数十万円まで幅広い価格帯の商品をそろえている。カウンセリングルームはプライバシーを重視した造りにするなど、リニューアルを機にお客さま満足度を向上させたい」と話している。
メガネの大宝堂は1907年に創業し51年設立、従業員は60人。県内にメガネ店5店舗を展開している。 (大島)
週刊経済:2013年10月15日発行 No.1744

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから