トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

中間期の連結業績予想を上方修正
 ふくおかFG 熊本ファミ銀単体も

鰍モくおかフィナンシャルグループ(谷正明会長兼社長)は10月25日、2011年3月期中間期の連結業績予想を上方修正した。修正後の業績は、経常収益が当初予想に比べ2・8%増の1244億円、経常利益が同33・8%増の281億円、中間純利益が54・5%増の170億円の見通し。
企業倒産の減少などで信用コストが想定を下回る見込みとなったことや、市場関連収益の増加などで上方修正した。なお、通期の連結業績予想については、経済の先行き不透明感が残ることから修正はないという。
子銀行の熊本ファミリー銀行も中間期の業績予想を上方修正した。本業のもうけを示すコア業務純益は当初予想より1億円増の35億円、一方で信用コストは1億円減の8億円となる見込みで、修正後の業績は経常利益が2億円増の21億円、中間純利益は5億円増の22億円の見通し。 (佐藤奈)
週刊経済:2010年11月2日発行 No.1596

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,931円/年間購読:19,500円

購読のお申込みはこちらから