トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

10億円かけ九州支店を益城町に新築移転・・・・ディスコ

 精密加工装置製造販売の潟fィスコ(東京都、関家一馬社長)は、熊本市中央区上水前寺2丁目の九州支店を、益城町田原の熊本テクノリサーチパーク内に新築移転する。総投資額は10億3千万円。完成は来年1月を計画している。
 現九州支店が築32年を経過し老朽化が進んでいるため移転する。益城町に建設中の九州支店は鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積は1438u。同支店の研究室の面積はこれまでの3倍以上、オフィススペースは同1・7倍となり、社員同士のコミュニケーションの活性化を図る共有スペースなども設ける。また、熊本地震を踏まえ、建物を免震構造にするとともに、自家発電設備も整備する。
 同社は半導体製造の後工程でウエハーをさいの目に切り分ける装置や、ウエハー製造工程でウエハーの表面を削ったり、半導体製造前工程の最後でウエハーの裏面を削って磨く精密加工装置などを製造している。同装置に使用する刃物および製品の世界シェアは約7割。新九州支店は、これらの製品がより顧客のニーズに合うようテストカットを行う拠点と位置づけ、開設後は世界を営業エリアにテストカット環境の充実およびシェア拡大を図る。
 同社は「国内IC生産で約3割を占める九州は日本における半導体の一大生産エリアで、このエリアを管轄する当社九州支店は重要拠点の一つ。新九州支店ではテストカット環境の充実化や今後の人員増強も想定した設計となっており、より付加価値が高い営業・サービス体制の構築を目指す」と話している。同社は1940(昭和15)年設立。資本金は約203億円。従業員数は3013人。東証一部上場企業。精密加工装置の製造、販売、メンテナンスサービス、オペレーション、解体リサイクルなどを手掛ける。国内外に支店、営業所を30拠点以上構える。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年4月28日発行 No.431

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから