トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

九品寺3丁目の15階建て分譲マンションが完成・・・・サンヨーホームズ

 住宅メーカー大手のサンヨーホームズ梶i大阪市、田中康典社長、九州マンション支店熊本営業所=岡本浩平所長)が熊本市中央区九品寺3丁目に建設していた15階建て分譲マンションが完成、3月17日から入居を開始した。
 場所は鰍rYSKEN本社跡地で、2014年10月に2億6700万円で取得した。敷地面積1393u。建物は鉄筋コンクリート造り15階建て、建築面積363u、延べ床面積は4165u。名称は「サンメゾン九品寺エルド」。間取りは2LDK、3LDK、4LDKで、総戸数は42戸。住居専有面積は68〜91u。バルコニー面積は11〜13u。駐車場は42台収容(内機械式12台)。現在分譲を継続しており、最多販売価格帯は3千万円台。同市中央区水前寺公園の「サンメゾン水前寺公園ゲート」に続く2棟目の完成となる。
 同社は「交通局前電停にも近く、鶴屋百貨店、下通アーケードまで徒歩圏内に位置しながらも閑静な住宅街に立地し、3タイプの間取りであらゆるライフスタイルに対応できる」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年4月28日発行 No.431

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから