トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県内全小学校に防災・減災がテーマの図書を寄贈・・・・熊本県自然災害遺児救援会

 全労済熊本県本部(熊本市中央区本荘)や、連合熊本(同市南区出仲間)など9団体で組織する熊本県自然災害遺児救援会(事務局・全労済熊本県本部内、会長・上田淳連合熊本会長)は3月29日、県内の全小学校および特別支援学校の合計389校に防災、減災をテーマとした図書を寄贈した。
 熊本地震を踏まえ、県内の児童に高い防災意識を持ってもらうため、同救援会に所属する企業・団体から寄せられた寄付金約1千万円を活用したもの。図書の内容は自然災害からの身の守り方を取り扱った絵本など。各校20種類を1セットとして5月上旬頃に配布した。
 上田会長は「今後、自然災害で遺児が発生しないよう、各校の図書室に置いてもらうなどして役立ててほしい」と話している。
 熊本県自然災害遺児救援会は県内の自然災害で被災した未就業の子どもたちを経済的に支援しようと1991(平成3)年設立。これまで2006年の上益城の豪雨災害や、2007年の水俣市の土石流災害で遺児に対して慶弔金を支給するなどの支援を実施している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから