トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

宇土市の文化と歴史をめぐる見学会・・・・不知火海・球磨川流域圏学会

 宇土市の文化と歴史をめぐる催しが6月3日、同市住吉や轟などの現地であり、自然愛好家や研究者ら25人が参加した。
 不知火海・球磨川流域圏学会(会長堤裕昭・県立大環境共生学部教授)が企画した。当日は鳥居くぐりで有名な粟島神社やアジサイの名所として知られる住吉自然公園、日本最古の上水道といわれる轟水源を見学。轟貝塚や太鼓収蔵館などを訪れた。
 同学会は、不知火海・球磨川流域圏の望ましい方向性を目指し、学融合的な研究および実践的取り組みを、研究者と地域住民が連携しつつ行うことを目的に、2005年設立したもので、会員数約100人。同流域圏内での現地見学会などを通じて、人的交流の活性化や環境保全の重要性について認識を深めるなどの活動を展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年6月29日発行 No.433

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから