トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

伊豆会長が名誉会長・グループ会議議長に・・・・熊本日日新聞社

 褐F本日日新聞社(熊本市中央区世安町、河村邦比児社長)は6月19日、株主総会と取締役会を開き、伊豆英一会長が取締役を退任し、名誉会長・グループ会議議長への就任を決めた。
 岩元俊弘常務は専務・総括に昇任。松永幹夫常務と浜田浩生常務は退任し、それぞれ監査役、潟Gフエム熊本顧問に就いた。取締役には田端洋昭役員待遇論説委員長、丸野真司役員待遇東京支社長、伊豆信太郎総合メディア局長を新任。役員待遇には7月1日付で内山秀成事業局長兼総合企画担当局長、渡辺吉孝総務局長兼法務室長が就いた。このほか、常務待遇の高峰武論説主幹は退任し論説顧問に、内山悟監査役も退任し調査役に就いた。
 岩元俊弘(いわもと・としひろ)専務・総括は鹿児島県霧島市出身。64歳。熊本大学大学院卒。77年入社、2008年総合メディア局長、13年取締役総務局長、15年常務取締役総務担当、総務局長。田端洋昭(たばた・ひろあき)取締役は甲佐町出身。61歳。九州大学経済学部卒。80年入社、2000年編集局政経部次長、06年東京支社編集部長兼論説委員、11年論説副委員長、13年同委員長、15年6月役員待遇論説委員長。丸野真司(まるの・しんじ)取締役は熊本市出身。60歳。名古屋大学文学部卒。80年入社、96年編集局社会部次長、2006年編集局社会部長兼論説委員、13年編集局次長兼論説委員兼法務室委員、14年編集局長、17年3月役員待遇東京支社長。伊豆信太郎(いず・しんたろう)取締役は熊本市出身。40歳。早稲田大学社会科学部卒。99年入社、共同通信社に出向し、ニューヨーク支局などを経て2009年販売局販売部次長、13年経理局次長兼経理部長、15年総合企画担当局長、17年3月総合メディア局長。
 同社の役員は次の通り。
 ▼代表取締役社長 河村邦比児▼専務・総括 岩元俊弘=褐F日会館社長兼務▼取締役 販売担当 販売局長和田浩二、印刷担当 印刷局長前田直、編集・NIE担当論説委員長田端洋昭、東京支社長丸野真司、メディア担当総合メディア局長伊豆信太郎▼監査役井手輝利=熊本善意銀行専務理事兼務、松永幹夫〈役員待遇〉(7月1日付) 総括補佐業務推進・事業担当 事業局長兼総合企画担当局長内山秀成、総括補佐 総務局長兼法務室長渡辺吉孝

売上高160億2200万円で減収減益

 同社の2017年3月期決算は、売上高が前期比4・5%減の160億2200万円、経常利益は同88・5%減の2400万円、当期純利益は同48・5%減の1億900万円で減収減益だった。
 熊本地震による被災で購読が休止するなどの影響もあり、販売が同4・7%減、広告収入が同4・2%減少した。18年3月期は売上高が162億4900万円、当期純利益2億4800万円を見込む。

熊日会館社長に岩元俊弘取締役

 褐F日会館(同市中央区上通町)は同日、株主総会と取締役会を開き、社長に岩元俊弘取締役(=熊本日日新聞社専務・総括)を新任した。
 荒牧邦三社長と松永幹夫取締役、浜田浩生取締役は退任。取締役に熊本日日新聞社取締役の田端洋昭氏、丸野真司氏、伊豆信太郎氏の3氏が就任した。

関連会社2社に新社長

 同社グループの褐F日広告社と熊日都市圏販売梶A熊日サービス開発梶A褐F日輸送センター、褐F日物流、熊日総合保険鰍フ6社は20日、株主総会と取締役会を開き、熊日輸送センターと熊日物流の社長に嶋田彰熊日輸送センター顧問の就任を決めた。
 嶋田彰(しまだ・あきら)社長は熊本市出身。57歳。2012年に販売局販売部長、16年に同局次長兼企画管理部長、17年3月に熊日輸送センター顧問。
 各社の新役員は次の通り。
 (熊日広告社)▼取締役山口和也熊日事業開発室長▼監査役高尾修熊日総務局次長▼退任松山泰典常務、内山秀成監査役(熊日都市圏販売)▼取締役金子秀聡熊日編集局次長▼退任伊豆信太郎取締役(熊日サービス開発)▼取締役内山秀成熊日事業局長兼総合企画担当局長、山口和也同事業開発室長▼監査役高尾修熊日総務局次長▼退任伊豆信太郎取締役、内山秀成監査役(熊日輸送センター)▼社長嶋田彰顧問=熊日から出向▼取締役内山秀成熊日事業局長兼総合企画担当局長、山口和也同事業開発室長▼退任山口孝社長、伊豆信太郎取締役(熊日物流)▼社長嶋田彰熊日輸送センター顧問=熊日から出向▼取締役内山秀成熊日事業局長兼総合企画担当局長、山口和也同事業開発室長▼退任山口孝社長、伊豆信太郎取締役(熊日総合保険)▼取締役渡辺吉孝熊日総務局長▼退任内山秀成取締役
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年7月28日発行 No.434

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから