トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県立大生が発案した企画あられ2種を新発売・・・・木村

 菓子製造販売の竃リ村(熊本市南区流通団地2丁目、木村光男社長)は8月1日、熊本県立大学(熊本市東区月出3丁目、半藤英明学長)の学生が発案した企画あられ「やっこ。」と「アラレーヌ」を発売した。
 今年3月に行われた、県内企業が抱える課題を県内の大学生が調査研究し、その解決方法を提案する事業「くまもと課題解決プロジェクト」(熊本県主催)で、同社が同大総合管理学部・丸山ゼミの学生らと共同で商品開発や販売戦略、マーケティング分析などを実施。「若年層にも『あられ』の食シーンを浸透させたい」という課題に対して、学生らが様々な角度から調査研究、意見・視点を織り込み、プレゼン大会でグランプリを受賞。このアイデアをもとに同社が制作し、実際に発売するもの。
 同商品は、同社が発売しているあられ「奴」と「色紙」を「ちょい食べ」「シェア」「持ち運び」できる形態へと着せ替え企画し「やっこ。」と「アラレーヌ」へ名称・パッケージを変えて発売。熊本県産もち米を100%使用していることが特徴。ともに内容料は32グラム、定価は150円。熊本県では先行して7月14日から販売している。
   

新商品の「瀬戸内レモン塩せん」を発売

 また同社は7月1日、新商品の「瀬戸内レモン塩せん」を発売した。
 同社が発売しているスナック菓子「塩せん」に瀬戸内レモンの酸味と香りを加えて発売したもの。価格は150円(税込み)で40グラム。賞味期限は120日。同社卸先のスーパーマーケットやディスカウントストアなどで9月末までの期間限定販売。
 同社では「暑い夏に最適な、瀬戸内レモンの爽やかな酸味と香りを楽しんでいただければ」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年8月30日発行 No.435

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから