トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ユースエール認定企業に光洋電器工業など2社・・・・厚生労働省

 若者雇用促進法に基づき、厚生労働大臣が認定するユースエール認定企業に、熊本県内では初めて光洋電器工業梶i熊本市西区春日8丁目、高田和馬社長)と社会福祉法人相愛会(天草市河浦町、出崎和洋理事長)の2事業所が選ばれた。
 ユースエール認定企業とは、2015年10月1日施行の若者雇用促進法によって創設された、若者の採用・育成に積極的で雇用管理の状況などが優良な中小企業を認定する制度。
 全国の認定企業は209社(2017年6月30日現在)で、九州・沖縄では、宮崎、鹿児島が各6社、福岡が5社、佐賀が3社、長崎、大分、沖縄が各1社と熊本2社の計25社が認定を受けている。認定の基準は「直近3事業年度に正社員雇用の新卒者などの離職率が20%以下であること」など。認定企業は労働局やハローワークによる重点的な採用マッチング支援や認定マークの使用、助成金の優遇措置などを受けることができる。
 今回、認定を受けた両社の雇用管理状況については、光洋電器工業鰍ヘ、従業員68人。有給休暇平均取得日数が15日(80%)、月平均所定外労働時間が4・4時間、各種研修、資格取得費用負担、キャリアコンサルティング制度を設けている。
 同社では「自己資本比率75%で、労働条件の改善や社員教育などに力を入れ、働きやすい職場づくりに努めてきた。その結果、社員の定着率も良く、近年は労働条件を理由とした退職者はいない」と述べている。
 相愛会は、従業員44人。有給休暇平均取得日数が12・4日(62%)、月平均所定外労働時間が0・3時間、各種研修、資格取得費用負担、キャリアコンサルティング制度を設けている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年12月28日発行 No.439

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから