トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

三年坂通りに肉料理専門店を出店・・・・三協ファーム

 レストランの経営・企画運営・管理の且O協ファーム(熊本市西区田崎町、甲斐誠一社長)は12月1日、同市区中央区安政町に肉料理専門店を出店した。同社の飲食店出店は11店舗目。
 場所は三年坂通りテイコビル地下1階で、店舗名は「隠れ家肉楽」。店舗面積は約70uで、席数は27席。肉のタワー鍋料理が中心メニューで、客単価は3500円〜5千円。営業時間は午後6時〜同11時、不定休。スタッフ数は4人。3月以降は鍋料理に代えて、ステーキなどの他の肉料理メニューを提供する予定。
 同社は、食肉および食品加工品卸・小売の去O協畜産(同)のグループ企業で、設立は1977(昭和52)年6月。97年8月、阿蘇市一の宮町に「よかよか亭」を出店以来、熊本市西区田崎町に「肉食堂よかよか」、同市中央区手取本町に「肉屋のイタリアンテットリーノ」、同区花畑町に「肉の創作料理眞誠」、2017年4月には東区長嶺西に「赤牛焼肉眞誠」、中央区草場町に「阿空」などを出店している。
 同社では「精肉店直営ならではの上質な肉を使用、究極の赤牛を使った名物の赤牛マウンテン鍋などが人気。自社農場で育てたあか牛などをぜひお召し上がりいただきたい。今後、20店舗程度になるまでは、当面、年間4、5店舗ペースの出店を進めたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月1日発行 No.441

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから