トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

6千万円かけベトナム北部にハーブ選別工場・・・・クマモト敬和

 ハーブティー・健康茶販売の潟Nマモト敬和(熊本市中央区保田窪2丁目、宮野敬之社長)は、ベトナム北部のハナム省に現地法人を設立し、1月からハーブ選別加工業務をベトナムへ移管している。投資額は6千万円。
 同社は、関連会社の農業生産法人鞄阿蘇農園(同社長)が南阿蘇村の農園でハーブを生産し、同村の工場で選別・加工・製品化を行っていたが、コスト削減を目的に選別加工業務をベトナムに移管したもの。ベトナム進出背景は、賃金が熊本の10分の1程度にコスト削減でき、人材確保が容易な点があり、より多くの人材を配置することで品質向上につなげるのが狙い。工場は、現地の工業団地にある鉄骨造り平屋建て、床面積1200uの既存の工場を改修。12人を現地で雇用し、1月中旬から稼働している。商品の原料は日本からベトナムに送り、月間4トンの選別作業を行い、選別後は再輸入し南阿蘇の工場で製品化を行う。選別作業は機械化が難しく、人による手作業で行っており、1人で1キロあたり3時間かかるという。
 2 0 1 7 年1 2 月末、現地法人を設立し、宮野社長が代表に就いた。当面は選別工程のみを行うが、いずれは製品化まで行い、東南アジアなど海外供給の拠点にしたい考え。同社は日本政策金融公庫から「海外展開・事業再編資金」の適用によって1千万円の融資を受け、現地法人の出資金に活用した。
 宮野社長は「3年前からベトナム人の技能実習生を受け入れており、まじめで勤勉なベトナム人の国民性に共感し、ベトナムへの一部業務移管を決めた」と話している。同社は2002年創業、07年設立。資本金は800万円。2018年1月期の売上高は5億8千万円。ハーブティー専門店「南阿蘇Tea House」を南阿蘇村、アミュプラザ小倉、福岡パルコなどで7店舗経営するほか、商品は東京、福岡、熊本などの東急ハンズ6店でも取り扱っている。関連会社も含めた従業員は約100人。

_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月1日発行 No.441

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから