トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

滞在型健康増進施設をオープン・・・・阿蘇ファームランド

 阿蘇ファームランド(南阿蘇村河陽、北川勝幸社長)は1月22日、中高年を主な対象とした滞在型健康増進施設「大自然阿蘇健康の森」をオープンした。
 「病気にならないためのカラダづくり・ココロづくり」を基本コンセプトに「食事」「運動」「癒し」「学び」のカテゴリーで各プログラムを体験し、それを日常生活に生かしていくという新たな試みの施設群。敷地内の宿泊施設「阿蘇ファームヴィレッジ」に隣接するゾーンを「大自然阿蘇健康の森」として、医師や管理栄養士など、健康の専門家集団である(一社)日本健康増進学術機構の監修を受け2015年4月から約3年がかりで整備した。全天候型運動アスレチック施設「健康チャレンジ館」、ゲーム感覚で肉体年齢を測定するドーム「GENKIスタジアム」、健康キャンパス、陶板・宝石岩盤浴などのドーム還元浴を整備、今回新たに日本最大級のセルフチェックフロア「健康パビリオン」、「健康トレーニング館」、講義室「健康キャンパス」、粗食の健康にこだわったビュッフェ形式のレストラン「ビッグファーム」(全館約1200席)などをリニューアルオープンした。各施設内には看護師資格者をはじめ健康に関する資格などを有する「健康コンシェルジュ」が常駐し、滞在者(3泊4日)のプログラムをサポートする。料金は1泊3食付きで一人3万8500円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月30日発行 No.442

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから