トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新社長に遠山靖副社長が昇格・・・・亀井通産

 総合食品卸・亀井通産梶i熊本市西区田崎町)の新社長に同社生え抜きの遠山靖副社長が昇格、築城初實社長は副会長に就任、小豆川裕男(しょうずがわやすお)副社長は退任した。2月28日に開いた株主総会と取締役会で正式決定した。社長交代は10年ぶりで、経営陣の若返りを図る。 
 遠山靖社長遠山靖(とおやま・やすし)氏は氷川町出身。1968(昭和43)年8月7日生まれ、49歳。八代高校―熊本商科大学(現熊本学園大学)を卒業後、92(平成4)年同社に入社。主に営業畑を歩き、2011(平成23)年1月フードサービス部長、15(同27)年1月常務執行役員、16年1月専務執行役員、17年3月から取締役副社長。趣味はドライブ。夫人と二人暮らし。 
 遠山氏は「責任の重さを痛感しているが、県外の営業網も強化するなど取引先の拡大を図るほか、新しい取り組みにも挑戦したい」と話している。
 なお、2017年12月決算は売上高が前年同期比1%増の191億円で、経常利益は微減の見通し。
 同社は「前期、熊本震災の影響で一部の大手スーパーの一時閉鎖があり、その間、地場スーパーが健闘して当社もその恩恵を受けたが、今期の売り上げはその反動があり微増にとどまった」といい、「新しく取り組んでいる外食産業や学校給食、病院などへの食材供給事業もさらなる強化を図っていきたい」と話している。
 同社の新役員体制は次の通り。
 ▼代表取締役会長亀井創太郎▼取締役副会長築城初實▼代表取締役社長遠山靖▼専務取締役営業統括堀田耕一▼常務取締役管理統括坂本勝弘▼執行役員福岡支店長吉田康秀、情報システム担当岡橋達昭
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月30日発行 No.442

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから