トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

7割弱が被災、業況感には格差・・・・熊学大と県中小企業家同友会

 熊本学園大学と熊本県中小企業家同友会は1月18日、昨年8月以降に実施した同会会員を対象にした熊本地震復興実態調査で、直接・間接の被害を受けた企業は7割弱に及び、その後の景況調査では、建設業・製造業の業況は上向くも流通・商業は厳しい環境にあるなどの調査結果を発表した。
 同調査は、中小企業・小規模事業者の震災による被害から復旧・復興に至る記録を後世にとどめ、今後の事業継続マネジメントのあり方を模索するため実施したもの。同大学付属産業経営研究所が同会会員864人を対象に郵送で実施、回答率は12・6%の109通。
 調査結果からは@震災による業況感に格差があることA資金調達面では一時金・補助金の支給など金融面のサポートもあり、おおかた8月には事業再開していることB採用面では特に正規従業員の不足感が続いており、2018年度は35・9%が採用予定ありと答え、35・9%が検討中としていることC事業継続や地震保険加入などリスクへの備えが進展していること、などが明らかになった。
 この日は、調査に当たった熊本学園大学の堀越昌和特任准教授(商学部)と吉川晃史准教授(会計専門職大学院)、木村正夫熊本県中小企業家同友会代表幹事らが出席した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月30日発行 No.442

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから