トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

50億円でファンド設立、事業継承支援強化・・・・肥後銀行

 肥後銀行(熊本市中央区練兵町、甲斐隆博頭取)は、後継者不在などを背景とした地場企業の事業継承の支援、M&A(合併・買収)ニーズに対応する総額50億円のファンド「肥銀ブリッジ投資事業有限責任組合」(愛称・肥銀ブリッジファンド)を、運用会社リサ地域ファンドソリューションズと共同で設立した。設立は昨年12月28日で同行の出仕額は49億9000万円。地銀が設立した事業継承ファンドとしては最大規模という。
 後継者不在や経営者の高齢化で事業継続が難しくなっている中小企業が全国的に増加しており、熊本は地震の影響も加わり事業継承支援のニーズは高いといわれる。
 ファンドでは、後継者がいない企業オーナーの株式を一時的に引き受け株主として、分散している株式の集約、事業再編のスキームの検討、経営譲渡先の発掘、M&Aの仲介などを通じ事業継承の円滑化を支援する。運用期間は10年間。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年4月27日発行 No.443

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから