トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県内3カ所に自然エネルギー発電の街路灯寄贈・・・・大阪市のNTN

 ベアリング、ドライブシャフトなど製造販売のNTN梶i大阪市、大久保博司社長)は昨年11月23日、自然エネルギーを利用して発電する街路灯4基を、県内3カ所に寄贈した。
 同社の創業100周年事業の一環として防犯、防災またはエネルギーの地産地消を進めてもらおうと、国内の各地域に寄贈しているもので、熊本での寄贈先は県立東稜高校(2基)、道の駅「あそ望の郷くぎの」、嘉島町ふれあいセンターの3カ所。同社が開発した街路灯は太陽光発電と風車によって電力を蓄え、夜間にLED照明を自動点灯する「N T N グリーンパワーステーション」。付属バッテリーは満充電状態で5日間分の照明用電力を賄うことができ、独立電源型であるため、災害時は非常用電源としても使用できるという。
 同社は1918年設立。資本金は543億円。従業員数は5382人(2018年3月)。東証一部上場企業でベアリング事業の大手。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年3月1日発行 No.453

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから