トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

南区江越に内科・内視鏡クリニックを開院・・・・塩屋公孝医師

 鶴田病院元消化器内科部長の塩屋公孝医師(45歳)は1月15日、熊本市南区江越2丁目にクリニックを開院した。
 場所はドラッグコスモスくまなん店東側のダンロップタイヤ九州熊本営業所隣接地。敷地面積は717u。建物は鉄筋コンクリート造り2階建てで、延べ床面積は392u。1階は診察室、問診室、処置室、内視鏡室など。2階部分はスタッフルームに充てる。名称は「しおや内科・内視鏡クリニック」。スタッフは看護師4人など9人。内視鏡検査・治療など含む消化器内科をメーンに内科全般の診療に当たる。診療時間は午前9時〜午後6時。日曜休診。
 塩屋院長は「これまで消化器疾患の救急医療、がん治療、緩和医療など幅広く診療してきた。今後はそうした経験を生かして地域医療に貢献したい」と話している。
 塩屋院長は1973年生まれ。宮崎県出身。熊本大学医学部卒。同付属病院第二内科、八代総合病院などを経て、2006年から約10年間にわたり済生会熊本病院消化器病センターに勤務した。16年から鶴田病院消化器内科部長・CVポートセンター長を務め、18年9月退職。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年3月1日発行 No.453

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから