トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

41億円かけ八代市の工場を増設・・・・ヤマハ熊本プロダクツ

 船外機製造などのヤマハ熊本プロダクツ梶i八代市新港町4丁目、松下泰之社長)は2022年2月、同地の船外機製造工場を増設する。投資金額は41億円。2月7日、熊本県庁で八代市と立地協定を結んだ。
 船外機の生産開始から20年が経ったことで設備の老朽化が進んでおり、またマリンビジネスが先進国で好況なことから、生産能力を増強するために増設。投資内容は、第3工場の隣接地で駐車場として利用している土地に建築面積3300u、鉄骨造り平屋建ての新塗装工場を建設。静岡とタイの同社工場2拠点と規格を共通化できるよう、柔軟性のある塗装方式に変更する。また同社が主力とする中型船外機のダイキャストマシンを新たに設置。アルミの加工ラインも再編する。今月着工し、従業員は操業開始までに15人を八代地域中心に新たに雇用する。
 松下社長は「当社の船外機製造はトップシェアで、世界でも4割ほどを製造している。2019年には累計250万台を達成する見込み。この増設を機に、企業の飛躍を図ると共に、熊本や八代市の発展にも寄与していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年3月29日発行 No.454

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから