トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ロード・クリーン・ボランティアの優良団体に・・・・大嶌屋

 食品等通信販売の椛蝗ク屋(宇城市松橋町、大嶌法子社長)は6月27日、宇城地域振興局のロード・クリーン・ボランティア優良団体表彰を受賞した。現在の制度となって県内初の受賞。
 同制度は、道路での清掃などのボランティア活動の支援を目的として、2006年から実施しているもので、県が管理する道路で100m以上にわたって、ごみ拾いや歩道の除草、花壇での植栽などを現在行っている個人・団体と協定を締結。ごみ袋や軍手などの支給のほか、ほうきなどの清掃用具の貸し出しなどを支援する。今年度からは各地域振興局ごとに活動を評価・表彰する。
 同社は2014年から自主的に同社半径1・5qの国道266号、県道313号線沿線の清掃活動を開始。2017年に同協定を締結しており、昨年度は年間12回、延べ420人が清掃に参加した。大嶌社長は「周りがキレイになるのは気持ち良く、みなさんも喜んでくれることなので私たちにとっては当たり前のことになっていたが、今回思いがけず表彰を受け、うれしく思う。こうした取り組みをきっかけに、清掃活動の輪が広がり、環境美化への啓発につながれば」と話している。
 同社は1993年設立。従業員130人。フルーツ・馬刺しなど主に食品の通信販売を展開し、売上高16億3千万円(2018年5月期)。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年8月30日発行 No.459

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから