トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

販売売上高は219億円で増収増益・・・・熊本ダイハツ

 熊本ダイハツ販売梶i熊本市南区平田2丁目、豊永深志社長)の2019年3月期決算は、売上高が前期比2・8%増の219億円、経常利益が同1・2%増の4億7300万円で増収増益だった。当期純利益は前年並みの3億1100万円。
 事業別に見ると、新車販売台数は同1・0%増の1万2484台(157億円)。中古車販売も同3・3%増の4593台(27億3400万円)と、販売促進に注力した結果いずれも前年を上回った。特に「ブーン」が同61・6%増加するなどコンパクトカーが好調。軽自動車はほぼ前期並みだったが、「タント」が同14%増加した。
 サービス部門は微減の24億7500万円、部品部門が同4・9%減の9億1300万円だった。熊本地震の影響で修理・板金塗装が増えた前期の反動と、事故の減少が影響した。保険部門は同2%増で2億500万円の利益を確保。2020年3月期については、新型タントの発売や消費税増税の駆け込み需要を見据えて増収増益を見込む。
 同社は1961(昭和36)年設立。資本金は1億5千万円。従業員数はパート、アルバイト含め409人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年8月30日発行 No.459

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから