トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

コアミックス熊本と提携、漫画コンテンツを展開・・・・地域経済センター

 樺n域経済センター(熊本市中央区紺屋町)は8月から、漫画制作・編集の潟Rアミックス熊本(熊本市中央区手取本町、持田修一社長)と提携、漫画コンテンツ作成のコラボレーション事業をスタートした。
 県下で唯一の総合経済誌である「くまもと経済」では、経済ニュースをはじめ、企業取材、業界特集など様々なビジネスコンテンツを配信しているが、広告・広報・採用活動、会社案内、商品紹介、経営者の自叙伝などの情報伝達の新たな手法として「漫画」を採り入れ、企業向けにビジネス展開を図るもの。
 潟Rアミックス(東京都武蔵野市)の代表を務める堀江信彦氏は、熊本出身。集英社で「週刊少年ジャンプ」の5代目編集長。2000(平成12)年に漫画家の原哲夫氏、北条司氏、次原隆二氏、声優の神谷明氏、「月刊少年ジャンプ」編集長を務めた根岸忠氏らとともに漫画の編集・漫画雑誌の出版を目的とした潟Rアミックスを設立。2001年に「週刊コミックバンチ」を創刊し、原哲夫氏の「北斗の拳」の過去を描いた「蒼天の拳」、北条司氏の「エンジェル・ハート」の連載をスタート。数々の漫画がテレビドラマ化されている。10年に創刊した「月刊コミックゼノン」でも数々の作品を担当。18年10月に、潟Rアミックス熊本を設立し、九州・熊本の才能あふれるクリエーターを発掘して育成、漫画家デビューまでをサポートする「コアミックスまんがラボ」をオープンしている。
 広報、採用、会社案内、商品紹介などにとどまらず、工場作業マニュアル、防災マニュアル、介護職マニュアル、外国人向けサイレント漫画など幅広い用途での情報伝達手法として展開できる。
 作成スケジュールとしては、同社所属の漫画家のタッチを選択し、コアミックスから編集者・漫画家が取材を実施、シナリオ段取り、キャラクター設定、ネーム出し、ネーム確定後、漫画作成、仕上がり漫画へセリフ、装飾などデザイン処理、最終校正の流れとなる。漫画コンテンツの作成料金は、2頁モノクロで40万円、2頁カラーで50万円。挿し絵1点12万円から。作成した作品はポスターやWEBなどでの展開も可能となる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月1日発行 No.460

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから